株式会社杜丸不動産

相  続売りたい

相続によって取得した不動産は、所持っているだけで固定資産税が課税されます。
相続した不動産が遠方にある場合や使用目的が決まっていないために放置している場合、手続きが面倒であるために何もしないでいる場合などは、時間だけが経ち、固定資産税だけしっかり取られて損のように感じられるのではないでしょうか。
固定資産税は、固定資産税評価額×1.4%という計算式でその額が求められます。固定資産税評価額が3,000万円の不動産をなら、42万円もの固定資産税が毎年かかります。また、建物だったら、建築年数が古くなるにつれて資産価値も下がってしい、特定空家に認定されれば持っていた時間が損といえるでしょう。
デメリットを回避するには、活用しない不動産の早期売却がお勧めです。
不動産が関わる遺産相続は、もっともトラブルになるケースが多い問題です。

まず相続で確認しておきたいこと

だれが相続するのか?
どうやって分ければいいのか?
だれか一人に相続させるのは嫌だ?
こういった些細な疑問が大きくなり、下記のようなトラブルに発展します。

・そもそも土地の分割方法がわからない
・借地権とか抵当権とかなんだかわからない
・土地を相続したが小さすぎて分割や活用が困難
・土地の遺産分割に納得がいかない
・土地を売却して現金に換えたいが手順が不明
・相続登記が前の相続でされていなかった
・名義変更の際にトラブルになっている
・土地を売りたいがいくらになるのかわからない

など
土地の相続に関する知識不足により、上記のようなトラブルが起きる可能性が非常に高くなります。時間が経てば経つほど面倒になります。

トラブルを回避するには・・・

こういった事態を避けるためには、まずは土地の相続が得意な弁護士さん、司法書士さんに相談することももちろんですが、相談段階で費用が掛かることも?杜丸不動産でも相続に関する相談を多く受けていますが、相談は無料です。何もわからなければ一度ご相談ください。無料でお話し伺います。

ページトップ

page top