• 2021.04.06

    焼きまんじゅうって…

    本日は定休日。

    と言っても、ほぼ仕事でしたが^^;

    そんな中、リフォーム現場にちょうど15時の一服前に伺う予定があり、尚且つ伊勢崎にいたものなので、お茶菓子に焼きまんじゅうを購入。

    境町の「とまる」さんにて。

    人気のあんこ入りは完売!(◎_◎;)

    なので、通常のを6本ほど。

    ついでにお土産に自宅へ4本。

    その後、無事に現場に焼きまんじゅうを届けて、ワタクシは用を済ませて、足早に現場を去り、焼きまんじゅうを持って自宅へ向かう。

    しかし、ここで気づく!

    昨日までは娘さまもセガレもいたので、今日もついつい居る者で考えていたが、今晩は二人ともアパートに帰り自宅にはいない事を思い出す!

    カミ様とワタクシで焼きまんじゅう4本はさすがに多いと思い、すぐカミ様に電話。

    すると、、、

    「4本?全然おやつ。1人で1本以上でも平気だよ」

    へ?

    ワタクシ、一本でもお腹一杯なのに、カミ様は全く平気との事。

    別にカミ様は大食いでもなく、普通の胃袋。

    当たり前の様な受け答えにワタクシは唖然…

    焼きまんじゅうは群馬だけと食文化ですが、ワタクシは子供の頃から常に一本だけ食べれば充分と思ってましたが、カミ様は一本以上が当たり前だったよう…

    同じ群馬でも高崎と伊勢崎では焼きまんじゅうの食べ方が違うようで…

    たしかに、ワタクシの自宅周辺には焼きまんじゅう屋さんは一軒も存在しない。

    祭りや街の行事での出店で食べる楽しみがあったくらい。

    しかし、カミ様の実家周辺にはいくつもの焼きまんじゅう屋さんが存在し、たまのオヤツとして定着していた様子。

    同じ群馬でも、子供の頃から慣れた環境にあった境町と、たまに食べる事に喜ぶ程度の群馬町。

    焼きまんじゅう、まだ底が見えない(゚o゚;;

    もりまる 森田