• 2022.02.25

    『お疲れさま&ありがとう!卒業スタッフ送り出し回』

    新しい年が始まり、あっという間に2月となり、気が付けば下旬です。今月に入ってからもりまるエリアの高崎市・前橋市周辺でも何度か雪が降りましたが、寒も明け、もうじき卒業、入学、入社、異動etc. 環境の変化が多い春が来ますね。実はもりまる不動産も、年末に約4年半勤めたスタッフが卒業いたしました。今回は、そんなスタッフのエピソードを語って笑いながら、送り出した年末の一幕です!




    これまでの軌跡をふりかえろう。の巻


    ―――ソメさん、約4年半お疲れさまでした。

    ソメ:この度、子どもが来春から小学生になるということもあって、家庭の事情で退職することになりました。

    店長:4年半かぁ~、入社してからもうそんなに経ったんだ…ってびっくり。


    ―――入社された頃のソメさんはどんな感じだったんですか?

    社長:えーっとね、2017年5月17日の17:50に応募があって、5月19日の9:30に面接して・・・(書類を遡る)

    ソメ:そうですそうです(笑)

    社長:6月に入社したんだよね。当時はまだ20代で、小さな双子ちゃんのママって感じだった。

    店長:そうでしたね~、懐かしい!子どももまだ1歳だったよね。




    業界未経験からのスタート。苦手な電話で苦戦!の巻


    ―――不動産業界は初めてだったんですよね?

    ソメ:そうです、不動産の『フ』の字も分からなかったです。撮影スタッフの求人に応募して、縁あって入社することになりました。

    社長:未経験の業界だし、出産後、久々の職場復帰で双子を育てながら大変だったと思うよ。

    ソメ:最初の1年は子どもがよく熱で保育園を休んで、その度にお休みのお電話を入れさせていただいて・・・。社長には「無理しないでね」と声をかけていただき、まわりのスタッフも「お互い様だよ~」と優しくて、その分、出社している時は精一杯頑張ろう!と思っていました。


    ―――ソメさんの入社時の話題になると、必ず電話の話が出ますよね!

    社長:そうだね~、まず電話対応から四苦八苦してたのを思い出すね~。

    店長:電話に出るのも話すのもすごい緊張してたよね!台本書いてなかった?

    ソメ:はい…(笑)。何を話せばいいか書いて、それをひたすら読んでました。

    社長:申し訳ないけど、笑っちゃうくらい台本棒読みだった。

    一同:(笑)

    社長:でもメモを書いたり独り言のように練習したりして、電話対応も日に日に上達していったよね。宅建の試験勉強も車の中で問題・回答を繰り返し聞いてたし、見えないところで頑張る努力家だった!

    ソメ:ありがとうございます。

    ―――撮影以外にも、賃貸の更新・退去対応や業者手配等をメインにやっていましたが、どうでしたか?

    ソメ:大家さん、入居者さん、業者さん、色々な方と接することができて、とても楽しかったです!たまに賃貸のご案内も担当して、お部屋を気に入っていただけたりして。嬉しかったですね。

    社長:本人は覚えてないだろうけど、入居の交渉で大家さん側の立場を考えて、業界の大先輩の凄み(笑)にも一歩も引かずに対応してたんだよ。とても成長を感じて、スタッフとしてソメちゃんがいる事を自慢できるくらい、大家さんのことを考えた大事な事だったな。

    ソメ:そんな風に思っていただけて、言っていただけて、本当に嬉しいです。 店長:今住んでいる自宅も、もりまる不動産に入社してから購入したんだよね。

    ソメ:もりまるで働いてたから今の家を買ったと言っても過言ではないです。当時は賃貸に住んでいて、自宅の購入なんて全然意識していなくて。でも土地や建売住宅の撮影をするうちに少しずつ売買物件が身近になってきたところで、タイミングよく「ここに住みたい!」と思う物件に出会いました♪

    社長:自分の実家から徒歩1分圏内でしょ?筑縄から旧群馬町に引っ越して、本当うまくやったな~ってつくづく思うよ(笑)

    ソメ:そんなそんな(照)でも、ローン返済が急に現実的になって不安で泣いてしまった時、社長からかけていただいた「みんな不安だよ」という言葉には本当に救われたんです。この言葉は、一生忘れません!

    社長:コロナになる前は超杜丸祭(もりまるのイベント)やっててさ、ベビーカー2台押しで双子ちゃん連れて来てくれたよね!あと入社して4ヶ月くらい経った頃、旦那さんが事故にあって朝から救急車に運ばれたことなかった?

    ソメ:ありましたね。あの時は大変でした!

    店長:あとはもう、ソメちゃんと言えばとにかく食べる。量も食べるし、スピードも早い!

    社長:30皿?40皿?の回転寿司タワーも、ピザ食べ放題を延々食べ続ける姿も、超激辛を平然と食べる姿ももう見納めか~

    一同:(笑)




    お疲れさま&ありがとう!スタッフから贈る言葉。の巻


    ―――振り返ると4年半の間に色々なことがあったと思いますが、最後に、卒業するソメさんにみなさんから一言ずついただけますか?

    店長:入った頃は右も左も分からない状態だったと思うけど、ソメちゃんの頑張りと成長を感じられてすごく感慨深いです。正直本当に本当に寂しいですが、ここでの経験がソメちゃんの今後の糧になれば嬉しいな。これからの活躍も、応援しています!同じ母として、そして最近ソメちゃんがドハマリ中のキャンプの先輩として、これからも何かあれば連絡してね!今までありがとうございました。そしてお疲れさまでした!

    マチ:短い間でしたが、同じ仕事をしていたので接する機会は多くて、色々と教えていただきありがとうございました。双子のお子さんが来年から小学校ということで、主婦としても大変なことが増えるかと思いますが、これからの活躍も応援してます。お元気で頑張って下さい。

    社長:さまざまな事情があってのもりまる卒業ですが、わりと厳しい中で仕事をしてきたので、今後また社会復帰することになった時も役立つと思います。物事に取り組む前に慎重に考えていることが多くあったけど、それもまたソメちゃんの良いところ!同じ町内の先輩後輩として、これからもよろしくね。

    ソメ:みなさんありがとうございます。まず、ひとこと言わせてください!本当に楽しかったです!大変お世話になりました。もりまる不動産で学んだことは忘れません。旧群馬町民なので、恐らく今後もすれ違うと思いますし、もりまるカーが走っているのを見るたびに思い出させていただきます!これからももりまる不動産の進化を楽しみにしています♪

    ―――みなさん、ありがとうございました。ソメさん、本当にお疲れさまでした!私もデスクが隣で業務での関わりが多く、お世話になりました。また、旧事務所1階、旧事務所2階、新事務所と複数回の事務所引っ越しを一緒に経験したのも良い思い出です。双子ちゃんの成長を見守りつつ、今後の活躍も応援しています!たまには事務所に遊びにきてくださいね~~!!(ライターねぎ)